雑記と珈琲

感想とか紹介とか、あと色々

LAMNATION!について

 

 

 

みなさんこんにちは、あさギです。

 

今回は色々あってやることになったゲーム、

ラムネーション

についての感想を書いていきたいと思います。紹介ではなく感想なのでネタバレありです。それでもOKな人はどうぞ

 

ちなみに個人的に点数を付けさせてもらうと、

 

シナリオ 1.2

音楽   4.0

演出   2.5

システム 3.0

 

AVG 2.7

 

となりました(5点満点)

 

 

 

 

 

※以下ネタバレ

  • シナリオ

あらすじ

お兄ちゃん、みんなを幸せにしてあげてよ」
「いいよ」

思い返せば、事の始まりはそんなやりとりだった。

ファーに座って録画したカップケーキドキュメンタリーを見たり、
ジャグジーでゴムアヒルと世間話をする日々を過ごしていたはずだが、
今じゃそんな暇すらない。

幼馴染みの作ったラムネを売り歩き、
友達アメリカダイナーでと世話を焼いて、
週末はみんなで遠くへお出掛けだ。
と交代で運転しながらな。

ハッピーかって?おいおい冗談はよしてくれ。
ノリの良い幼馴染みに、出来の良い仲良し双子姉妹
そして、最高の人が居るんだぜ?

パーフェクトだ。

 

 

といった感じです。

 

率直に言うと、自分には合わないゲームだと思いました。

小学生が好きそうな下ネタがそこら中に散らばめられており、とりあえずうんこって言っとけばなんとかなるだろみたいなノリがライターさんにあると感じました。

 

あとナレーションが本当に要らない。文章読めばわかることを繰り返し言ってくるので不快でした、終始イライラしながらプレイしてましたが3割くらいはナレーターの要らない発言です、あとキャラクターとナレーターが会話するのも着いてけなかった。メタ要素が地味に多いのもストレスの原因の一つ

 

ここまで批判しかしてませんが、大体批判する所しか残ってないのも事実。折角キャラクターが可愛いのに下品すぎる発言のせいで可愛そうになってきました、女の子にはファックとかうんことか言ってほしくないってのが個人的な願望。笑えなくもない時事ネタはいくつかありましたが、発売から少し経っているので懐かしいなぁ、こんなこともあったなぁ程度の感想しか出てきませんでした。もう少し早くプレイしてたら笑えたかも…?

 

その他に車?とかバイク?の専門用語がかなり出てきましたが僕は全く分からず置いてけぼりを食らっている感じでした。多分わかる人は面白く感じるのかなぁと、車とかバイクのネタを使ったシナリオが書きたいなら仲の良い友達と趣味で作ってろと言いたくなりました。ま〇てつみたいに、テキストの専門用語をクリックすると解説が出てくるようにすればここまで言われなかったんじゃないかな

 

メインとなる個別√ですが、集結ENDでループ物だったといオチで、最終的に主人公が唐突に性転換して終了とかいうわけのわからない終わり方でした。このゲームやってる最中漫画だったら僕の頭の上に常に?マークが浮かんでたでしょう。シナリオライターはクスリでもキメてシナリオ書いてんの?(笑)と真面目に考えてしまう程だから恐ろしい。

 

以上、シナリオに対しての感想でした。見た感じ批判しかしてませんが、キャラ崩壊OKなおかつバイクや車が好き、シナリオ気にしないでノリだけで楽しめるといった人にはドストライクかもしれませんね。かなり人を選びますが、そういった刺激が欲しいといった方にはお勧めです!

 

 

  • 音楽

 

音楽 は 良かったと思ってます、個人的にはEDの Air が凄い好きでした。

https://www.youtube.com/watch?v=Z0xcoUBAm7A

 

 

ただ、BGMの使うタイミング間違えてないか?と思う箇所はありましたがそれは演出のほうで評価してます。

 

 

  • 演出

 

OPムービーの出来が良かった、ライターさんはムービー関係のプロらしく、それを上手く生かしているなぁと思いました。

 

ただ、そこ要らなくね?といったエフェクトを付けたりみたいなのはありました。それ以外は特に言うこと無し

 

  • システム

 

ツイッターのシェアシステムですが、発想は面白いなぁと思いました。僕は一度も使いませんでしたが、こういう斬新な発想はいいと思いました。現代っぽさがこのゲームの世界観とマッチしているのが良かった。

 

我儘を言わせてもらうと、バックログが右クリックじゃないと元の画面にならないのが少し不満。まあいつもの癖で下にスクロールして戻してたんでなんとも言えませんが…

 

 

 

 

 

以上、ラムネーションの感想でした。気になった方は購入してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

LAMUNATION!-ラムネーション!-公式WEBサイト

 

 

 

Narcissuについて

Narcissu” の紹介

 
f:id:asagir00010010:20170702125006j:image

 

主人公はごく普通の大学生であったが、不治の病に侵され病院のホスピス(末期ケア病棟)に入ることになる。通称「7階」と呼ばれるその場所で、主人公は何もかもに冷めてしまったような少女、セツミと出会う。以前からホスピスで過ごしていた彼女は、そこに入った人は自宅か「7階」か、どちらかで死ぬ運命しか与えられていないと言う。

ある冬の日、主人公とセツミは行く当てもなく7階を抜け出し、銀のクーペを走らせる。車が一号線との交差点に差し掛かったとき、それまで口数の少なかったセツミが突然曲がれと指示した。一号線は、セツミが地図を眺め幾度も想い描いていた、憧れの場所へつながる道だった。

2人の長くて短い旅が始まった。一号線を西へ、一面にナルキッソスの咲くという淡路島を目指して、死に場所を求めて…

といった、人間が目を背け続けているが、何れかたどり着く"死"といった結末への物語。所謂「死生観ゲー」といったところ

 

ゲーム自体のプレイ時間はそんなに長くなく、気軽に読める。ただ話は終始明るいとは言えないものであるため、シリアスな物語が苦手な人にはオススメできない。

 

  • 世界観

殆ど人物画はほとんど無く、背景画が続くが、自分はそっちの方がどういう場面なのかを想像する事ができるから好きだ。立ち絵が無いのは賛否両論別れそうだけど…

背景画については、凄く綺麗に描かれていて文章にもBGMにも合っていると思う。本当にフリーゲームとは思えないクオリティ。

 

  •  キャラクター

基本的に主人公とヒロインのみ、あとはモブ的な存在(1stでは)

とことん謎に包まれたヒロインで性格も冷めた感じですが、たまに見せる人間らしさが良いですね。ストーリーを始めるときにボイスのオンオフが選べるので、それはお好みに合わせてどうぞ…

 

 

 

  • リンク

steamでタダで購入できます。興味が有る方や気になった方、時間があったらプレイしてはいかがでしょうか?サウンドトラックも販売しています。(有料)

 →Steam:Narcissu 1st & 2nd